原付バイクを高く売るには?買取業者での査定はどう?

原付を査定してもらうとよくわかりますが、「これしかならないの?」という金額になることがあります。

またあまりに古い原付だと、査定してら逆に処分料がかかるといわれることもあります。あまりに古い物ならあきらめもつきますが、まだ乗れる状態なら納得できないです。

 

当サイトでは、原付をできるだけ高く売れる方法を紹介しています。

 

原付一種と二種では査定額に違いがでる

原付には一種と二種があります。原付一種は排気量50cc以下の原動機付自転車となります。原付二種は排気量51cc以上125cc以下の普通自動二輪車となります。

つまり、原付一種はバイクではありません。自転車としての扱いです。

 

SONY DSC

 

これは免許でもそうです。

普通自動車免許があれば、原付一種は運転できます。原付二種は自動二輪車なので、普通自動二輪小型限定免許以上がないと運転できません。

 

免許制度以外にも違いがあります。原付一種はご存知のように交差点で二段階右折が必要です。原付二種は二段階右折が禁止されています。

 

他にも最高法定速度にも違いがあります。

原付一種は30kmまで。

原付二種は60kmまでです。

 

まだまだ違いがあります。

原付一種は二人乗り不可です。

原付二種はシートがついていれば二人乗り可能です。

 

最大積載量にも違いがあります。

原付一種は30kgまで。

原付二種は60kgまでとなります。

 

表にすると

排気量 免許 二段階右折 法定最高速度 最大積載量
原付一種 50cc 普通自動車 義務 30km以下 30kg以下
原付二種 125cc 普通自動二輪車(小型限定) 禁止 60km以下 60kg以下

 

細かく見ると、まだまだ違いがあります。

ナンバープレートに色も違います。

50cc:白ナンバー

51~90cc:黄色バンバー

91~125cc:ピンクナンバー

となります。

 

高速道路は原付一種、二種ともに走行できません。高速道路の走行は126ccからです。

 

何を言いたいかというと、原付一種と二種では全く違うということです。原付二種は125ccの小型バイクです。

 

海外でも125ccのバイクは存在します。日本のホンダやヤマハも海外で125ccのバイクを生産しています。

海外にはスポーツモデルなども存在し熱い市場にもなっています。とても魅力的なモデルもあります。

 

そのため、原付一種と二種では、査定額にも差が出来てしまいます。

原付二種は査定額が付きますが、原付一種はお金にならない場合もあります。

 

原付バイクは大手の買取業者でもあまり好まれない?

ではスクーターなどの原付バイクは中古で売れないのでしょうか?

そんなことはありません。原付の中でもエイプやモンキーなどは人気もあり、高く値段が付きます。カブもなかなか人気があります。

 

問題はスクーターです。

学生の足として重宝するスクーターです。今で大事に乗ってきたのに、最後は無料や有料で処分は残念です。

 

原付を高く売るには、査定を多く受けることです。

 

原付バイクは1年で1万円査定額が下がるといわれいます。あまりに古いと査定そのものが受けれれなかったりします。

バイクワンの自動査定では年式が古かったり、走行距離が多いと買取不可となってしまいます。

 

SONY DSC

 

またバイク王では、出張査定に来てもらえるが、値段が付かない。もしくは、処分料支払っていもらえれば処分するといった書き込みもよく目にします。

 

大手の買取専門業者でも、あまり好まれていないようです。古い原付となると中古バイクでもあまり需要がないのでしょう。

 

 

 

原付を高く売る方法は?

大手の買取業者でも、あまり買取してくくれない原付バイクですが、現金化する方法はないのでしょうか?また現金に換えるなら、より高く売る方法はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

原付バイクをより高くうるには2種類の方法があります。

  • 原付(スクーター)買取専門店を狙う。
  • 一括査定を利用する。

    それでは、1つ1つ説明します。

     

    原付(スクーター)買取専門店での査定

    中古バイク販売店の中には、原付バイクに力を入れている業者があります。特に学生が多い街では、そういった販売店をよく目にします。学生が多ければ、当然原付バイクの需要も多くなります。

     

    原付バイクを多く扱っている店ならば、大手買取専門業者で査定してもらえなかったり、処分料が発生するスクーターでも買取ってもらえる可能性があります。

     

    特に入学や就職などで需要が増える3~4月はねらい目です。その時期に合わせて専門店めぐりもいです。原付に力を入れている販売店は原付の在庫が常に多いのも特徴です。注意してみると意外とあります。

     

    どうても原付が多い販売店が見つからない場合は、GooBike(グーバイク)を活用すると探せます中古車販売で原付した置いていない店もあります。そういった販売店を数多くめぐれば、意外に高くいとってもらえる可能性があります。

     

    バイクの一括査定を活用する。

    この方法は、最初の方法と合わせて活用してほしい方法です。原付に限らず、バイクを高く売ろうと思ったら、一括査定です。

     

    特にバイク王、バイクランド、バイクワンの査定を受けたほうがいいです。

     

    一括査定を申し込むと最大で6社前後の査定を売られます。この方法だと、店舗をめぐることなく、買取業者の方から出張してきてくれます。全ての査定額を聞いてから、一番高いところに売ればいいだけです。

     

    一括査定でもし、バイク王、バイクランド、バイクワンの査定が業者一覧になければ、公式サイトから直接申し込むこともできます。

     

    一括査定は地元の業者も登録してあるので、1の方法と併用する場合、すでに回った買取店はチェックを外します。そうすることで、より多くの査定を受けられます。

     

    一括査定と大手の査定を活用する。

    バイクの一括査定はとても便利です。大手の業者から、地元の買取業者まで、最大6社紹介してくれます。そんな便利な一括査定ですが、欠点もあります。

     

    おすすめの一括査定は「バイク比較.com」です。

    登録業者がとても多く、全国で一カ月に7000件以上の査定依頼があります。

    一括査定なら、バイク比較.comです。

     

    一括査定でも弱点はあります。全国対応の大手の買取業者が紹介されないことがあります。

     

    バイクの査定はより多くの査定を受けた方が、高く買取ってくれる業者を見つけやすくなります。このような場合、大手の業者は個別に申し込んだほうがいいです。

     

    バイク比較.com

    業界ナンバー1の一括査定業者。登録しているバイク買取業者は全国に70社以上。地域密着の買取業者から大手まで多数登録しています。利用者もとても多く、月に7000人以上が利用しています。一括査定ならば、バイク比較.comは外せません。

     この記事のまとめ

    まとめ

    • 原付一種と二種では、二種が高く売れる。
    • 大手の買取業者では原付を買取しない場合がある。
    • 大手の買取業者では原付バイクの出張査定に来ても有料で処分を進める場合がある。
    • 原付専門店を狙って査定依頼をする原付専門店や在庫が多い店はGooBikeで探すと見つかる一括査定を活用する。

       

      この記事のまとめは以上となります。諦めずに原付を買取してもらいましょう

      おすすめの記事